ローヤルゼリーの採取方法と価格

ローヤルゼリーの採取方法

女王蜂のためだけに働き蜂の体内から作られるローヤルゼリー。
ローヤルゼリーが蓄えられるのは、巣の中の「王台」と呼ばれる部分です。
基本的に1つの巣に女王蜂は1匹しかいないため、王台に集められるローヤルゼリーはごくわずかです。
また、ローヤルゼリーを採取する場合には、王台にいる幼虫を除けて作業を行います。このときに女王蜂の幼虫を殺してしまったり、巣を壊したりと女王蜂の生育を邪魔してしまう危険性もあるのです。

人工王台を用いたローヤルゼリー採取

健康食品などの製品をつくるためには、一定量のローヤルゼリーを確保する必要があります。
そこで採用されているのが、人工の王台を用いた採取方法。
巣の中に女王蜂が存在しない時、働き蜂は新しい女王蜂を育てるために、王台の中にいる幼虫にローヤルゼリーを与えます。
人工王台はこの習性を利用したもの。働き蜂の幼虫を人工王台に入れると、働き蜂はそこにローヤルゼリーを集め始めます。
この方法によって自然の巣から採取するよりも多い量のローヤルゼリーを採取することが可能になるのです。

まず、普通の巣穴にいる働き蜂の幼虫を人工王台に移し、巣箱に設置します。1つの巣箱あたりの人工王台の数は50~60個。
それ以上数を増やすと、働き蜂のローヤルゼリーの生産が追い付かず、質が低下する可能性があります。
移虫から40~72時間経過したら人工王台を巣箱から出し、幼虫を取り出してローヤルゼリーを採取します。このとき重要なのが、「72時間以内」に巣箱から王台を取り出すことです。時間が経ちすぎると、王台がローヤルゼリーでいっぱいになってしまいます。
これら一連の経緯を、すべて手作業で行います。自然の巣から取れる量よりも多くなるとはいっても1つの巣箱の人工王台から採取できるのは200~300ミリグラムほど。
ローヤルゼリーは非常に手間と時間のかかっている健康食品なのです。

ローヤルゼリー製品の価格相場

高級健康食品というイメージが強いローヤルゼリー。実際に価格の高い製品も多く流通していますが、その値段はさまざま。
また、ローヤルゼリーの種類によっても価格に幅が見られます。
最も高価格帯の商品が多いのが生ローヤルゼリー。相場としては100グラムあたり3000~5000円程度ですが、高額なものになると10000円を超えるものもあります。
乾燥ローヤルゼリーは生ローヤルゼリーの水分を除いたもので、相場は100グラムあたり2000円前後。調整ローヤルゼリーは生や乾燥ローヤルゼリーに添加物やそのほかの材料を加えたもので、100グラムあたり1000円程度のものから10000円近いものまで幅広く流通しています。

ローヤルゼリー製品の価格差の理由

ローヤルゼリーの採取の過程はすべて手作業で行われますが、1つの巣箱からの採取量は決して多いとはいえません。
また生のローヤルゼリーは品質管理が難しいため、冷蔵か冷凍保存する必要があります。手間暇のかかるローヤルゼリーの価格が高くなるのはやむを得ない部分もあるのです。さらに国産品は特に希少なためより高価になりがち。
一方で比較的安価なのが調整ローヤルゼリーです。ローヤルゼリーが全体の6分の1以上含まれているものを指す調整ローヤルゼリーは、その含有の割合によって価格の高低に幅ができるのです。

コスパが高く目的に合ったローヤルゼリーを選ぶ

ローヤルゼリーを実際に選ぶときには、単純に価格が高いというだけではなく高品質の製品を見分けることが重要で、そのポイントの一つがデセン酸の含有量です。
デセン酸はローヤルゼリー特有の成分で、含有量の多さがすなわち品質の高さを示しています。
またローヤルゼリーは継続して摂取することが望ましい健康食品。
経済的に負担になると続けるのが難しくなりますので、自身の目的に合った適正な価格の製品を日常に取り入れるのがおすすめです。